フクロモモンガの鳴き声について

 

フクロモモンガが威嚇をする際、ジコジコ、ギィギィといった音を出すということは知っている方も多いかと思います。

特にお迎え経験のある方なら必ず1度は耳している鳴き声のはず。

お迎えしてすぐの頃は新しい飼い主や環境に慣れず、人間の気配を察知したり、物音を立てただけでけたたましく威嚇音を発します。

もともと人間に慣れている子ですと『1週間でだいぶジコジコ言わなくなりました。』という子もいるみたいですがフェンちゃんの場合3ヶ月。お迎え約1年の今でも気に入らないとジコジコと鳴き声を発します。

お家にも私にもだいぶ慣れ、ジコジコがおさまってきた頃からフェンちゃんは『アンアン』、『シューシュー』と鳴いたり『カチカチカチ』と歯を鳴らすようになりました。

ネットで調べると

アンアン…仲間を呼ぶ時、寂しい時。発情期。

シューシュー…不機嫌な時や排泄で力んでいる時。(甘えたいときという記事もありました)

カチカチカチ…イライラしている時。

などと書かれています。

実際そういう事かなと思うこともあるのですが、フェンちゃんの場合は主に

アンアン…怖い。

知らないものが部屋にあるとき確認しにその周りをうろうろしたり触ったり登ったりするのですが、その最中に別のところから大きい音がしたり、探索中にものを落としたりするとびっくりしてアンアンが止まらなくなります。

エアコンを付け替えた際にエアコンの上を探索中、物音にびっくりして落下した時が一番ひどく鳴きました。一日中落ち着かずゲージの中でも放心してポーチに入らず水飲みの横で丸まって寝ていたので本当に怖かったんだと思います。

ちなみに、当時は侵入口のみ塞いでエアコン上に行けるようになっていたのですが、それ以降は落下防止のため四苦八苦してエアコン周りは前面立ち入り禁止にしました。

 

シューシュー…うざい。

甘えているというのはあまり感じられず、ポーチの中でグルーミング中にガシガシ触るとシューシュー言います。シューシュー言っても触り続けると齧られます。

部屋んぽの最中も隠れているのを見つけて開けたり、ひたすらについて行ったりするとシューシューと言われます。何がシューシューなの?と聞いて触ると齧られます。

 

カチカチカチ…ただうざい。

シューシューと併用して使われることが多いです。寝起きすぐの排泄の際にもシューシューカチカチカチを繰り返していることが多いです。

カチカチしている時もしつこく触ろうとすると齧られます。

齧られても触り続けるとだんだん強く齧ります。

 

あと、よく不満があるとチッと鳴くことがあるというのですがフェンちゃんからこの音をまだ聞いたことがありません。

無理やり掴もうとした時シュッシュとなく音がこの音に当たるのでしょうか?

噛み癖を直すためしつけの際に同じ音を出すとやらなくなるという情報もあったので、それっぽく試してみましたがフェンちゃんには効果がありませんでした。

悪いことをした時はふっと軽く息を吹きかけるとやめてくれます。

お迎えした頃は何を伝えたいのかしら?とわからないまま対処してあげられないことが多かった鳴き声ですが、ずっと観察を続けていると何を言いたいのかやどんなタイミングで鳴くのかなどもわかるようになってきます。

最近では部屋んぽ中の状態で夜中に鳴くかどうかも予測できるようになってきました。

鳴き声の原因には様々な意見があり、もしかしたら個体差もあるのかもしれません。鳴いたら放っておくのではなく、どうすれば鳴き止むのかや鳴いてる間にこうしたらどうなるのかなど色々と試して観察してみるのがいいかと思います。

まだまだフェンちゃんを理解できていない部分もあるのかもしれませんが、これからももっと理解して、対処してあげられることが増えるのかと思うと楽しみです。

 

スポンサーリンク

コメント